バーレスク東京ではワインを飲まずにビールで乾杯してきました

こんばんは。

ワイン会Bordeauxスタッフの田中です。

これまでにワイン会にご参加下さったお客様からは率直なご意見をたくさん頂戴しておりまして、運営事務局としましては一層の顧客満足度の向上を目指しまして、日々改善に取り組んでおります。

先日ご指摘を受けましたのは、ワインパーティーでの司会者の声が聞こえなかったので、もう少し参加者の皆様が聞きたくなる司会に改善してはいかがかという点でした。

ごもっともだと反省しております。

ワインパーティーの当日は、受付をお済ませ下さったお客様には飲み放題でワインをお楽しみ頂いておりますので、乾杯の音頭をとらせていただく頃には、会場がにぎやかになっています。

楽しくトークを展開されているお客様も多く、司会者も遠慮がちに乾杯の発声をしている面がございます。

それもこれも、司会者の挨拶が楽しくないからですので、なんとかせねばと。

ご指摘下さったお客様からは、バーレスク東京の男性司会者さんがとても聞かせる司会をするので、一度ワイン会Bordeauxのスタッフさん達は視察を兼ねてバーレスク東京にお出掛けになってみるのが良いとのアドバイスを頂戴しました。

ということで、さっそく出掛けて参りました。

バーレスク東京!

六本木の瀬里奈の隣にあります。

昔、映画館があったビルだと思います。

いつのまにかこんなお店ができたんだー、という感想を抱きながら、階段を地下に降りていきますと、開演前と言うのに、既に大勢のお客さんがダンサーさんたちと歓談しながらお酒を飲んでいらっしゃいます。

男性のお客さんが多いのですが、4割くらいは女性のお客様でしょうか。

女性同士のお客さんも多くて、少し意外でした。

ショーが始まると、なんか舞台の上で踊っている女性ダンサーさん達はダルくてユルい感じですが、司会の男性がインカム付けて一生懸命盛り上げるのです。

この司会が、すごく上手いんです。

大音響の音楽に載せて、お客さんをあおります。

コミカルでありながらも、ノリが良い。

エンターテインメントを提供する場の司会としては最高だと思いました。

しかし、ワイン会では真似できません。

ワイン会Bordeauxが目指すワインパーティーは落ち着いた大人の男女の集う場です。

騒がしい盛り上がり方をするのは方向性が異なりますし、パリピな感じが苦手なお客様にこそご参加いただきたいと考えておりますので、バーレスク東京的なものはちょっと違うのかなと。

それでも、お客様へのホスピタリティという面では目指すものは同じですので、バーレスク東京のプロの皆様のお仕事ぶりに学ぶべき点は非常にたくさんありました。

個人的にはダンサーのMinoriさんがとっても素敵で惚れてしまいました。

チップをお衣装の胸の谷間に何枚も刺しに行ったのは申し上げるまでもありません。

ドリンクは、モエ・エ・シャンドン2万円、マムグランコルドン2万円、ヴーヴクリコ2万円と色々ありましたが、無難にビールを頂いて2時間堪能して家路につきました。

映画「バーレスク」でみたアメリカのバーレスクとは違って、いかにも日本風のダンスもタレントも可愛らしくカッコいい感じでとっても楽しい研修となりました。

都内でワイン会を開催しています。大勢で集まってワインを楽しみながら仲良くおしゃべりしましょうっていうパーティーです。おひとりでお時間があるときにフラリと気軽にご参加いただけますと、わたくし田中も嬉しいです!


ワイン会開催のご案内をお届します

下記のメールフォームからメールアドレスをご登録いただきますと、毎月1回程度、ワイン会開催のご案内をEメールにてお届けいたします。