ワイン会での出会い

ワイン会をきっかけに、お友達になったり、交際を開始される方が大勢いらっしゃいます。

そして、ワイン会で出会われて、結婚を前提としたお付き合いを始められる方々が少なくありません。

婚活パーティーやお見合いパーティーと呼ばれるイベントではなく、なぜ、ワイン会での出会いが結婚につながりやすいのかは、正直よく分かりません。

ひとつ考えられる理由としては、ワイン会での出会いは作られた出会いではなく、自然な出会いであることが挙げられます。出会いが自然であることが、お二人のご関係をより良きものにしてくれるのかもしれません。

著名なライターさんが、他社開催の、とあるワイン会に出掛けてみた感想をこんな風にまとめていらっしゃいました。ちょっと表現がきついと思いますが、引用しますと次のとおりです。

34歳自営業の男性から声をかけていただき、トークがスタート。こちらも顔よし! コミュ力よし! と、正直合コンにいたら、もう1回お会いしたいくらいです 。話していて会話が盛り上がったという感じではないですが、フツーの男性に婚活イベントで出会ったのが久しぶりで 、テンションは上がりまくりです。
(中略)
今回の参加者は、通常のイベントよりも質がいいのは間違いなさそうですが、それはなぜなのかを改めて考えてみます。恐らく金額設定、ワインというインテリ要素、照明の暗さ。これら3点がポイントかと思われます。

(出典:サイゾーウーマン「当たりキタ―!? 独身ばかりが集まるワイン会は、穴場の婚活スポット」おおしまりえ)

おおしまりえさんの分析にもありますが、ワイン会にお越し下さるのは普通の方々です。普通の女性と普通の男性が、普通にワインを飲みながら普通に会話を楽しみ、自然に出会うことのできる場であるからこそ、お付き合いも自然に始まり、自然に仲が深まるのだと考えています。

そういえば、著名コンサルタントの木村隆志さんが、本当に結婚できる場所として、こんなことを書いていらっしゃいました。

私がコンサルタントとして婚活中の相談者さんたちに勧めているのは、「恋愛・結婚以外の目的があって、多くの男女が集まる」場所。具体的には、①趣味のグループ(アウトドア、スポーツ、カルチャー、エンタメ、飲食など)②習い事やセミナー(小・中規模教室、短・中期集中講座など)③地元や勤務地のショップ(飲食店、趣味の専門店、美容院など)を経由した出会い④地域の団体やイベント(役所、商店街、祭りなど)⑤社会団体(ボランティア、NPOなど)が該当します。
これらの場は、「男女の出会いを求める多くの人が集まっている」「結婚だけが目的でないため身構えずに済む」「メインの目的があるため会話が弾みやすい」「活動後に食事やお茶を楽しんで打ち解けられる」「定期的にメンバーが集まるため、人柄や魅力を理解し合いやすい」などメリットは目白押し。女性はこれらを「自然な形で出会った」と考えるため、学校や職場での出会いと同じように、交際や結婚につながりやすいのです。
ポイントは、それぞれの場に「メインの目的があり、さらに、友人作りという2番目の目的や、異性との出会いという3番目の目的もある」こと。そもそも30~40代の独身男性が「僕、結婚したいんです」とシリアスに接すると引かれてしまうだけに、「3番目の目的だったのに、結果的に結婚できた」というくらい軽やかなほうが好印象で、成果を得られるものです。
(出典:東洋経済ONLINE「30~40代男が『本当に結婚できる』5つの場所 木村隆志)

異性との出会いは3番目の目的であるくらいがちょうど良いとのことですが、ワイン会で皆様が自然な出会いから自然な交際へと発展していかれるのをお見受けしまして、その通りと感じております。

20歳前後の若い男性と女性であれば、合コンのように効率的で直接的な出会いの方が盛り上がって楽しいでしょう。ところが、ワイン会参加者のコアな年齢層である28歳から48歳くらいのまでの大人の男性と女性はもっと落ち着いた場で出会いを広げる方がしっくり来るものです。

そういった意味で、ワイン会はワインという1番の目的を共有し、異性との出会いは3番目くらいの目的になっていて、かつ、大人の男女が互いをリスペクトしあいながら関係を温めていくことのできる理想の場と言えましょう。

お酒の力を借りることができる点も大きいです。

ワイン会には、自然な出会いのためのすべての条件が揃っています。