ワイン会にシャッフルタイムを設けた方が良いですか?

独身ワイン会に限らず、すべてのワイン会は、ワインと出会いと交流を楽しむパーティーです。

そのため、時間内で出来る限り多くのお客様同士で会話をお楽しみになられたいのではないでしょうか。

ところが、着席パーティーですと、最初に座ったお席から移動する機会は見出しにくいものです。

立食パーティーの場合は、お料理を取りに行くことをきっかけとして会話のお相手が入れ替わることはありますが、5,6名の参加者同士の輪がいくつか出来上がって固定されてしまった後では、新たに別の輪の中に入りづらい雰囲気もございます。

そのため、何十人もの参加者がいらっしゃるにもかかわらず、終わってみればトークしたのは4人だけというようなことも珍しくありません。

第一印象から、自分と波長が合いそうなお相手をみつけて、ワイン会の時間いっぱい親睦を深められるのであれば、会話のお相手が変わらないのは良い事でしょうが、そうでない場合は、やはり大勢の方とお知り合いになりたいものですね。

その解決策のひとつが、パーティーの途中でシャッフルタイムを設けて、参加者の皆様に移動をお願いするという方法です。

多くの場合は、女性のお客様にそのままの場所に留まっていただき、男性のお客様にひとつテーブルを移動していただくことで、参加者の皆様のトークのお相手が変わるという手法が採られます。

着席の場合は、ワイングラスやお皿を持っての移動になりますので、エレガントではありませんが、交流を広くとるという観点からは致し方ないのかもしれません。

立食の場合でも、移動の際にワイングラスが割れることがあり、主催者としましては、一抹の不安をおぼえます。

そして、悲しい一面もございまして、とっても素敵な方と出会えておしゃべりがこの上なく楽しいとお感じだったお客様には、その仲を引き裂くような結果となってしまいまして、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

ですので、シャッフルタイムは設けず、もっと自然な方法でトークのお相手がパーティー中に何度か入れ替わるような(そして、お相手の変更を望まれないお客様にはそのままトークを続けていただけるような)方法がないものか思案しております。

しかし、なかなか妙案は思い浮かびません。

もし、お客様の中に、これを解決する良い方法を思いつかれた方がいらっしゃいましたら、ワイン会Bordeauxまでご提案いただけませんでしょうか。

お客様の出会いをもっとサポートさせていただきたいとスタッフ一同、心より願っております。