街に出会いはあふれていると言われますが

植草美幸さんという、結婚相談所を経営するプロの仲人さんがメディアに登場して現代日本の男女の出会いの状況をばっさり斬っていらっしゃったのですが、普段からオシャレして街を歩いていたら、ナンパもされるし出会いはあふれているとおっしゃるんですね。

たしかに、ナンパをする若い男性は大勢存在しますし、相席系居酒屋など出会いが用意されているお店もたくさんあります。

古典的なところでは、気になる異性の近くでハンカチを落とすとか。

電車に乗れば、街を歩けば、人の半分は異性ですから、出会いがないわけではないですよね。

それでも、ステキな恋人がほしいと思いながら、もう何年も恋愛していないなって思っている人はいませんか。

ワイン会にご参加くださるお客様からのご意見をうかがっていると、色々見えてくるものがございました。

職場は仕事だけをする場所になっている

出会いがない一番の理由は、職場に異性がいないということではないでしょうか。

昔は職場結婚が非常に多かったと聞きますが、今では職場はあくまで働く場所であり、恋愛をする場所ではないという意識が根付いています。

セクハラやパワハラに対する認識も深まり、職場では仕事の話以外してはならないものという意識も高まっています。

けれど、社会人になると職場で過ごす時間が他のどこで過ごす時間より長いはず。

仕事が忙しくて異性と出会う時間さえ取れないという人が実は普通なのです。

コンプライアンスを真面目に考える人達ほどその傾向が強いのは世の中の不条理を感じます。

休日に人と接する機会が減っている

休みの日は仕事の疲れを取るため遅くまで寝ているとか、休日にまとめて家事をするという社会人は少なくありません。

1人の時間を大切にしたいと考えて大好きな趣味に没頭するのであればそれは素晴らしいことなのですが、それよりも友人知人とのスケジュール調整に気を遣って消極的に1人で週末を過ごすという人も少なくありません。

休日はお昼ごろに起きて、そのままテレビやスマホを眺めていたらあっと言う間に夕方を迎えるという休日の過ごし方は、思いのほか多くの社会人の休暇スタイルになっているようです。

習い事は男女で趣味が異なる

お料理教室やダンス教室、フットサルや加圧ジムなど休日に習い事をする社会人はこのところ増えていますが、素敵な出会いを期待して参加している人も少なくありません。

参加している人はほとんど全員がどこかで期待していると言っても差し支えないほどです。

でも、女性の目指す自分磨きの習い事と、男性が趣味を楽しむサークルとでは、その内容が大きく異なります。

男女比のバランスがいい習い事というのがあまり見当たらないのですね。

お菓子作りの教室に通っていたら、生徒は全員女性だったというのは自然なことですし、男性が出会いを求めてお菓子作り教室に通うのも違和感を覚えます。

結論として、出会いはなかなか無いものなのです

だからこそ、仕事に一生懸命な社会人のみなさんは、意外と出会いが無いものなのです。

これは、社会的な構造問題なのかもしれません。

スマートな社会人の男女の自然な出会いがワイン会にはございます。

是非、ご参加下さい。

都内でワイン会を開催しています。大勢で集まってワインを楽しみながら仲良くおしゃべりしましょうっていうパーティーです。おひとりでお時間があるときにフラリと気軽にご参加いただけますと、わたくし田中も嬉しいです!


ワイン会開催のご案内をお届します

下記のメールフォームからメールアドレスをご登録いただきますと、毎月1回程度、ワイン会開催のご案内をEメールにてお届けいたします。