ワイン会でのグラスについて

こんばんは。

ワイン会Bordeauxスタッフの田中です。

ワイン会で使用するワイングラスについてお客様からお問い合わせをいただきましたので、ここにも少しだけ書いてみたいと思います。

ワイン会Bordeauxが主催するワインパーティーでは、ワイングラスはお一人あたり2つご準備しているケースが多いです。

ひとつはスパークリングワインを召し上がっていただくシャンパングラス。

もうひとつは、赤ワインと白ワインを召し上がっていただくワイングラスです。

都内では色々なワイン会が開催されていますが、ワイングラスの個数は様々です。

着席形式の落ち着いたワイン会ですと、ワイン1銘柄ごとにワイングラスをひとつずつ用意するのが一般的なようです。

一方、立食パーティー形式のワイン会ですと、ワイングラスをひとつだけ提供されるケースも少なくありません。

本当は、ワイン1銘柄ごとにワイングラスをお取替えしてご提供できるのが理想ですが、大勢のお客様にお越しいただく立食パーティーのワイン会では、それはなかなか困難を伴います。

それでも、スパークリングワインを召し上がっていただくワイングラスだけは別のものにしたいと考えております理由は、やはり、泡を楽しんでいただく以上、空気に触れる面積を極力少なくして、炭酸が抜けにくいグラスをご利用いただきたいと考えるからです。スパークリングワインは、お口に含んでいただいた際に、シュワっと泡が広がる感覚をお楽しみいただいてこそです。

普通のワイングラスですと、シャンパングラスに比べて空気に触れる面積が広いため、炭酸が抜けやすくなってしまう難点があります。

それに、細長いグラスでスパークリングワインを召し上がっていただくのは、何より見た目がスタイリッシュでワクワクすると考えるからです。

では、赤ワインと白ワインを召し上がっていただくグラスはどうかと申しますと、本当はこれもワイン1銘柄ごとにグラスをお取替えして差し上げたいのです。

なぜなら、ワインのタイプごとに適したワイングラスが異なるからです。

特に、香りの楽しみかたが変わってきます。

芳醇な香りが力強く広がるワインですと、大きめのグラスに注いで、香りが立ち上がるのをお楽しみいただくといった楽しみ方を試していただければ良いのです、なかなか思うようにはいきません。今後の検討課題とさせていただきたいと考えております。

ところで、赤ワインを召し上がった後に、白ワインを召し上がる場合を考えますと、ひとつのワイングラスでは、後に注ぐ白ワインが赤っぽくなってしまいます。

ですので、ワイン会では、お水と水差しを準備しております。

ワイングラスをお水でリンスしていただき、綺麗な状態で別のワインを注いでいただければと考えてのことです。

実際に、ワインインポーターが開催するレストラン向けの試飲会でも、このような方法が採用されていますので、味わっていただくに際して支障はないと思いますが・・・。

出来る限り心地よい空間をご提供できますよう、今後も改善に努めます。

皆様のワイン会ご参加をお待ちしております。

都内でワイン会を開催しています。大勢で集まってワインを楽しみながら仲良くおしゃべりしましょうっていうパーティーです。おひとりでお時間があるときにフラリと気軽にご参加いただけますと、わたくし田中も嬉しいです!


ワイン会開催のご案内をお届します

下記のメールフォームからメールアドレスをご登録いただきますと、毎月1回程度、ワイン会開催のご案内をEメールにてお届けいたします。